キャンプ

キャンプ初心者が最初に揃えておきたい道具を全部ご紹介!

こんにちは、すごろくです。

この記事では、キャンプ初心者が最初に揃えるべきものを紹介していきたいと思います。

というのも、僕も妻も付き合う前からお互いにソトアソビが好きで、付き合いはじめてからはよくデイキャンプに行ったりしてました。

ただ、僕はいわゆる”おしゃれキャンパー”とは程遠く、値段重視で最低限の機能を備えたツールを持っていました。

逆に妻はお金がないからキャンプ道具はあまり持ってなかったけど、こだわりはかなり強いタイプ。

妻はヘリノックスのチェアを使ってるのに、僕はホームセンターで買ったディレクターチェアを使ってるような感じ。笑

今までは妻の妊娠・出産、息子がアウトドアに行けるような月齢じゃなかったのでソトアソビは一時中断していたのですが、そろそろ再開してもいいかなと、近々デイキャンプにいく予定です。

そんなわけで妻のお眼鏡に敵うキャンプ用品をコツコツ集めなおしていかないといけないわけで、せっかくなら紹介していこうか思いました。

それではよろしくお願いします!

こんな方に読んでもらいたい
  • これからキャンプを始めようと思っている方
  • 特にファミリーキャンプなど、3,4人程度の規模で考えている方
  • 費用はなるべく安く抑えたい方
  • オシャレさも重視したい方

絶対用意したいもの

まずは絶対に用意したいものです。

クーラーボックス

クーラーボックスは必須ですよね。

ぼくが持っているのは、30年以上前に父が買ったやつなので、買い替え対象かな思ってます。

ぼくが今買いたいなーと目を付けているのはこちらのクーラーボックスです。

長く使うならスチールクーラーがいいなーと思っています。見た目もクールでカッコいいですし。
そうなるとコンセプトは安く!とか言っててもやっぱり20,000円前後の価格帯にはなってしまいますけどね・・・。
特段こだわりがないのであれば、プラスチックのクーラーボックスであれば数千円で買うことができますし、ちゃんとメーカー品なので品質も申し分なく手ごろでいいと思います!

バーベキューグリル

キャンプをするのであれば炭火でBBQは定番ですよね!

現在僕が使っているのはこちら。

実はこれはバーベキューグリルではなく焚火台ですが 、BBQも問題なく出来ちゃいます!

焚火もキャンプの醍醐味の一つですよね!

キャンプサイトによっては直火NGの場所もあるのでBBQにも焚火にも使える焚火台を最初の1台に買うのはとてもおすすめです!

ちなみに我が家では、妻がブロック肉を豪快に焼くために蓋付きのBBQコンロが欲しいと言ってます。(たけーわ。確かに欲しいけどね)

火起こしの必須アイテムたちです!それぞれ説明していきますね。

炭や着火剤はキャンプ場で購入することも出来ますが、割高だったりするのであらかじめ買っておくといいと思います。

炭も実はいろいろと種類がありますが、最初はホームセンターなどで比較的価格が安めに売られている木炭で十分だと思います。

これらは原材料にマングローブ使われており初心者でも着火しやすく、おすすめです。

 

着火剤

ついつい経験者っぽく着火剤なしで火おこしをしたくなってしまいますが、火おこしに慣れるまでは積極的に使っていいと思います。

おすすめはロゴスの成形炭。

これ自体が炭の一種なので、これだけでもお肉を焼いたりできます。この炭にはすぐに着火できるのでこれの上に炭を並べればスムーズに火おこしができると思います。

チャッカマン

着火は、ライターでも問題なく着くとは思いますが火傷をする恐れがあるので、チャッカマンを準備しておくと安心です!

炭ばさみ

炭ばさみとトングは見た目が似てるので混同されがちですが、炭を触るものと食材を触るものはちゃんと分けるようにしましょう!
炭ばさみがこちら。
そしてこちらがトングです。

軍手

軍手も必須です。
熱いものを取り扱うから、だけではなく炭を並べるときなどに素手で触ると手が真っ黒になってしまうので、軍手は忘れずに持っていくようにしましょう。何かと役に立つと思います。

火消し壺

火消し壺は意外と後回しにされがちな印象です。

というのも、BBQにつかった木炭はその場に置いていく方も多いと思いますが、炭は自然には還りませんので必ず持ち帰るようにしてください。

一度着火した炭は再利用時に着火がしやすくなっているので、火消し壺で持ち帰り次回の着火用に使用するとスムーズに着火することが出来ちゃいます。

おススメはこちらの火消し壺です。

こちらは火消し壺としてだけではなく、火おこし器としても利用できるのでとてもおすすめです!!

火消し壺はアウトドアのマストアイテム!重要性やおすすめを紹介します!皆さん、キャンプなどの際に火消し壺って使っていますか? たまにしかキャンプをしない方にとっては割と優先度の低いアイテムになっているような気がしますが、実は火消し壺はキャンプをする方には必ず持っていてほしいアイテムです。 今日はアウトドアにおける火消し壺の重要性とおすすめの火消し壺を紹介したいと思います。 それではよろしくお願いします! [box03 title="こういう方に読んでもらいたい"] 火消し壺って何?と思っている方 火消し壺って必要なの?と思っている方 おすすめの火消し壺を知りたい方 [/ box03] 火消し壺とは 火消し壺とは文字通り火を消すための器で、BBQなどで使用したまだ熱い状態の炭の火を消すためのものです。 燃焼には酸素が必要なので、火消し壺の蓋をして密閉することで酸欠となり火を消すことができます。 壺と言ってますが、アウトドアで使うのはほとんどがステンレスなどの金属製でコンパクト...

タープ

デイキャンプであっても、テントとまではいかなくてもタープは是非とも持っておきたい道具です!

特に女性や小さな子供がいるのであれば、日陰は必ず作ってあげましょう。

とりあえずは価格も抑えめの、以下のようなタープでいいと思います。

ただし、標準でついているペグは作りがちゃちで、抜けやすかったりするので、抜けにくいこういうペグがおすすめです!

たかがペグ、されどペグ!!

標準でついているペグとは品質が天と地ほどの差があって、本当に快適に設営が出来るし、ある程度の風が吹いたくらいでは抜けません。

個人的には、いいペグは初心者だからこその必須アイテム!

さらに、いいペグを打つのには標準でついているハンマーでは心許ないので、ハンマーも別途購入することをお勧めします。

 

チェア

チェアやテーブルも当然必須アイテムですね。

ロースタイルやハイスタイルがありますが、そこはお好みかと思います。

僕はちょっと奮発して妻に合わせてヘリノックスのコンフォートチェアを買おうと思っています。

さらに、ヘリノックスには一回りサイズが小さいものもあり、親子3人ヘリノックスにできればなーと思ってます。(いつになるかなー)

 

以下はコールマンですが、僕は元々ホームセンターで買ったアームチェアを使っていましたが、正直機能的には十分です。

コールマン製でも2,000円前後で購入できるため、特にこだわりがない場合はこういうチェアもおすすめです。

テーブル

詳細はこちらでご確認ください。

 

超おすすめ!ニトリの折り畳み1段ラックがキャンプテーブルに最適!こんにちは、すごろくです。 このたび、息子もピクニックOKくらいの月齢になりデイキャンプを皮切りにソトアソビ再開!という事で、"お...

僕が最初に買ったテーブルは、ベンチとセットになっていて折りたたむとコンパクトになり持ち運べるものでした。

Snow Peakのローテーブルとかが検索で出てくるんですけど、とてもじゃないけど手が出ない値段なんですよね。。。

でもカッコいいんです。(欲しい)

 

食器類

コップ、皿(浅型、深型)、箸、スプーン、フォークなどなど・・・

使い捨てを買っても良いんですが、専用食器を持っているとキャンパーっぽくなりますよね!笑

あと、使い捨ての紙コップ、紙皿は風で簡単に飛んでいってしまいますが、専用食器では多少の風では飛びづらいというメリットがあります。

そういう我が家もまだ食器類を揃えられていないので、いろいろ検討中です!

コップ

コップは僕が元々snowpeakのチタンマグを持っているので、妻も同じもので揃える予定です。

<div class=”concept-box1″><p>こちらのマグは、別売りで蓋が買えるので行き帰りの運転の時でも使えてとても便利です。</p></div>

 

こちらは皿(浅型、深型)、箸、スプーン、フォーク、コップがセットになった食器セットです。

4人分入っているので、これを買うだけで食器類は全部揃います。

値段も3,000円弱なのでコスパも十分だと思います。

余裕があれば揃えたいもの

次に余裕があったら揃えたい道具をご紹介します。

ダッチオーブン

炭火でバーベキューもいいですが、慣れてきたらダッチオーブンオーブンで別の料理なんかもしてみたいです。

一気にキャンパーっぽさが出てくること間違いなしです!

また、ダッチオーブンには焚火台の上に固定するためのスタンドや、囲炉裏型のテーブルも欲しいところです。

 

 

キャリーカート

以前まではそこまで欲しいと思っていませんでしたが、子供を乗せて移動している姿を見てからちょっと欲しいなと思っちゃってます笑

なにより、車を横付けできないキャンプ場の場合は重たい荷物をサイトまで運ばないといけないので、そうなってくると必須アイテムでしょう。

子供を乗せるのは、本来の用途ではないので絶対ケガのしない無理のない範囲で楽しんでくださいね。

 

 

テント

テントは安い買い物ではありませんし、デイキャンプだけなら必須ではありません。

しかし、我が家のように0歳児をキャンプへ連れていく場合はずっと抱っこやベビーカーというわけにもいかないので、テントの中のように自由にハイハイできるば場所を確保してあげるといいと思います。

レジャーシートだけでも遊べると思うのですがレジャーシートから出ないようにずっと見張っていないといけません。

テントなら出口をメッシュで閉めることが出来るものもあるので子供を自由にテント内で遊ばせながら食事も出来ちゃいます。

僕は一昨年、代々木公園のアウトドアイベントでDODのタケノコテントを買ったのですが、直後に妻の妊娠が発覚ししばらくはキャンプへ行けないだろうと結局使わないまま別の方にお譲りしてしまいました。

今回キャンプを再開するにあたって、我が家では以下のテントを購入しました。

Colemanのタフスクリーン2ルームハウス!

元々はテンマクのペポのようなおしゃれなテントを探していましたが、子供のことを色々と考えた結果このテントになりました。

息子もこのテントを気に入ってくれたみたいで、大人はリビング部分で食事をしながら、息子は寝室部分で大興奮な様子で遊んでくれます。

バーナー

バーナーは着火の道具として必須とまではいきませんが、より簡単に着火ができたり、炙り料理が出来たりして便利です。

好みによって優先して買ってもいいかもしれないですね。

SOTOのバーナーがオーソドックスで扱いやすいかなと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

僕がこの記事を書いてて思ったのは、おしゃれさを重視すると、やっぱりそれなりに金額するなという感想でした・・・笑

おしゃれでコスパのいいキャンプ道具があったらどんどん記事にしてお知らせしていきますね!